OYOホテル虹 笛吹御坂【1泊1,795円~泊まる前と後のギャップNO1の宿(=゚ω゚)ノ】

IMG_9053.JPG

山梨県笛吹市にOYOホテルの激安ホテルを見つけたので試しに宿泊。事前調査無く激安さに惹かれて宿泊したら、まさかの展開に度肝を抜かれた。結論から言うと、なんじゃこりゃ( ゚Д゚)素晴らしすぎる!
IMG_9163.JPG

カーナビ通りに甲府国際カントリークラブの門をくぐる。なんか怪しげなホテルの雰囲気がしてきた・・・。

IMG_9167.JPG

IMG_9165.JPG

宿泊するホテルの看板が見えてきた。これって・・・。

IMG_9161.JPG

入り口。

IMG_9149.JPG

IMG_9152.JPG

IMG_9139.JPG

モーテルじゃんw


IMG_9138.JPG

IMG_9151.JPG

各部屋には車庫が付いていて快適。合計6部屋。


IMG_9142.JPG

IMG_9146.JPG

IMG_9059.JPG

フロント。

IMG_9172.JPG

フロントで剃刀を配布。

IMG_9148.JPG

IMG_9147.JPG

IMG_9154.JPG

チェックアウトはこのポストに鍵を入れるだけでOK。

IMG_9159.JPG

花が飾られている。

IMG_9157.JPG


IMG_9152.JPG

IMG_9143.JPG

IMG_9145.JPG

テント内。


IMG_9062.JPG

部屋専用駐車場。

IMG_9070.JPG

入口。

IMG_9072.JPG

IMG_9125.JPG

IMG_9075.JPG

IMG_9076.JPG

部屋。想像以上に新しくて綺麗。

IMG_9080.JPG

IMG_9122.JPG

電子レンジ、ポッド、コーヒー、お茶。

IMG_9081.JPG

冷蔵庫。

IMG_9102.JPG

オレンジジュースとミネラルウォーター。


IMG_9095.JPG

お菓子。



IMG_9090.JPG


IMG_9098.JPG

浴衣、アメニティー。

IMG_9129.JPG

使い捨てスリッパのクオリティーが低いのはこのホテルにしては残念。

IMG_9100.JPG

アメニティー。って、まさかOYOホテルに買収されたの知らずにモーテル気分ではなかろうな?

IMG_9096.JPG

頭が混乱してきた。自分が激安ホテルにいるのかそうでないのか理解不能に陥った・・。

IMG_9092.JPG

冷蔵庫。食事の提供はないけど、冷蔵庫の商品を購入することでその代わりとなる。

IMG_9110.JPG

皿、コップ、テーブルマット。



IMG_9106.JPG

IMG_9112.JPG

冷蔵庫配置図。

IMG_9083.JPG

風呂はやっぱり広い。

IMG_9115.JPG

しかもジャグジー付き。

IMG_9085.JPG

洗面台。

IMG_9123.JPG

IMG_9124.JPG



IMG_9087.JPG

トイレ。

IMG_9116.JPG

大画面テレビ。電源が入らなかったけど、テレビ見ないから捨て置いた。やり方でもしかしたら電源入れられたかもしれない。

IMG_9105.JPG

DVD。

IMG_9088.JPG

ベッドには有線の音楽チャンネル案内。

IMG_9089.JPG

音楽で重低音のバイブレーションをベッドに響かせることができる。このサービス最高だわ。

IMG_9127.JPG

窓を開けたら小物アート。演出が細かい。


IMG_9065.JPG

IMG_9064.JPG

IMG_9056.JPG

IMG_9057.JPG

夜のライトアップも魅力。


総論:ホテルかと思ったら元モーテルだった。この内容のアメニティーと広さのコテージを通常予約するとなると相当の値段がかかることになるが、このホテルは激安で宿泊できてまさに穴場。コテージ内も綺麗だし、Wifi完備で有線音楽聞き放題だし、音楽の重低音をベッドに響かせることができるのも楽しい。お菓子やコーヒー、ジュースなどは無料で置かれているのも嬉しいサービス。部屋の隣に車を停車させることができ、チェックアウトはポストに鍵を返却という気軽さも魅力ですね。



総合:★★★★★ 合計6部屋でVIP待遇の部屋が用意されている。しかも激安という信じられない宿。このホテルの口コミ評価が滅茶苦茶高いのも納得。受付は感じが良い素朴なおばあさんだった。難点を言うとデスクが無いことぐらい
珍 :★★★★★ 元モーテル
安 :★★★★★ 充実したアメニティーとかドリンクとかお菓子が付いているうえでこの値段は安すぎ
魅力:宿泊価格では測れない内容とアメニティー






この記事へのコメント

スポンサードリンク